電子機器開発の流れ!どのようなフェーズがある?

私たちの日常生活や仕事において、電子機器は欠かせない存在です。


特に使用している意識がなくても、多くの場面で恩恵を受けています。


たとえばスマートフォンも電子機器の一種ですし、自動車にも多くの電子機器が組み込まれています。

基板実装の情報はココで集まります。

電子機器は年々進化しており、性能の向上と生産のコストダウンが目覚ましいです。

電子機器開発は数多くのメーカーで行われています。
開発の工程は大きく2つのフェーズに分けられます。
最初のフェーズは研究所における基盤技術の開発です。
5年から10年ほどの期間で、半導体や制御アルゴリズムなどのベースとなる技術を生み出します。


研究所で行われる開発では、知的財産の取得も大きな課題の一つといえます。他社に権利を侵害されないように特許を取得する必要があるからです。

goo ニュースについての意見を伺いました。

特にOEMを中心に行っているメーカーは、その技術を使用した電子機器を提供する前に、特許を取得しておくことが大切です。
基盤技術の開発が完了したら、電子機器開発は開発部門における開発に移行します。


学術的な要素が強かった基盤技術の開発とは異なり、より製品に近いレベルで開発を行うことになります。
基盤技術の開発段階では、具体的にどのような電子機器に技術が使用されるのか明確でないことも珍しくありません。
それに対して、開発部門で行われる電子機器開発は具体的なターゲットを定めています。



たとえば音楽プレーヤーの消費電力を低減したバージョンなど、具体性のある目標値を定めているケースが多いです。