火傷の応急処置と治療方法

熱いものに触れたりして火傷をしてしまうとそれがどれだけ軽くても痛みが強く慌ててしまうものですが、火傷の治療では応急処置が非常に重要なポイントとなります。

深さや範囲によってその方法も異なりますので適切な処置ができるようにきちんと理解し覚えておくことが大切です。



まず軽症から中症の場合はすぐに冷たい水で患部を冷やします。


水道水を出しっぱなしにしたり洗面器などに冷水をためたもので痛みが引くまで冷やします。


患部が衣服の下にあるような場合は無理に脱がすと張り付いた皮膚が剥がれてしまうことがあるので服の上からそのまま冷やします。

ただし腕時計やアクセサリー類はすぐに外すようにします。

水ぶくれができてしまったら潰さないように気を付けて、痛みが治まってから清潔なガーゼなどで患部を保護し病院へ行くようにします。

診察を受ける前に自分の判断で消毒や薬をつけたり治療することは避けましょう。

ガジェット通信の補足説明を致します。

範囲が広かったり狭くても深い重症の火傷の場合には命の危険を伴いますのですぐに119番通報をして救急車を呼びます。
清潔なタオルやシーツなどの布で患部を覆ってから水をかけて冷やしますが、それ以外の処置は何もしないようにします。絶対に薬を使ってはいけませんし衣服も脱がさないようにして、救急隊員に全ての処置を任せることが重要です。

火傷治療の知識を増やしてみませんか。

応急処置を間違えるとその後の治療にも影響を及ぼしてしまいますので、迅速かつ正確な判断ができるように正しい知識を身に着けておきましょう。